我が家の出来事、趣味と生活を通じて感じたことなど


by arai_family
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

英雄

 世間では3連休でした。私は明日もお仕事(^^)/ 今日のNHKニュースでは、英雄が取り上げられました。交番のお巡りさん。3日後の定年退職を目前にして、海岸近くの交番にとどまって、避難を最後まで呼びかけた人。市民のためにいのちを捧げた人。思わず涙が溢れてきましたが、そんな人もいるのです。今日のお巡りさんはメディアに取り上げらたけれども、実は表には出なくても世間にはそういう人がいます。そういう人たちは私たちの誇りです。その先にあるものは結ばれた、約束された未来なのでしょう。あなたと私。過去と現在と未来。それが決して夢物語などではなくて、現実だということに感謝をしたいと思います。

 「お母さん、お父さんの死に顔は険しかったわよ。ああいう顔をなさっていては、極楽浄土へ行けるかどうか心配です」。娘が越後に住む母、恵信尼に語ったとされるひとこと。私の場合、親鸞の教えよりも、その生きざまそのものに深い興味があるから、いろいろな書物を読みあさっているけれども、なかなか親鸞像そのものには近づけません。かたや、自らを殺したその人に、死ぬ直前に「神のご加護を!」と祈ったガンジーとはどういう人なのでしょう。私の謎はいつもその辺りを彷徨って、抜け出すことがありません。
 私は数年前には死刑容認論でしたが、今では死刑廃止とは言わないけれども、どのような極悪非道の人にも気がつけるチャンスを最後の最後まで与える。そういう風に変わってきました。極悪非道の人には英雄になるチャンスなどありえないと思うのが一般的なのでしょうが、そう決めつけることにどれだけ意味があるのか、私自身はもっと考えてみたいと思います。

 娘に貸してあった「職業としての政治」(マックス・ウェーバー)からお気に入りの最後の一節。
 「結果に対する責任を本当に深く感じ、責任倫理に従って行為している成熟した人間-老若を問いません-が、或る一点で、『私はこうするより仕方がありません。私はここに立っています』と申しますなら、それは計り知れぬ感動を与えます。これは人間的に純粋なもの、魂を揺り動かすものであります。なぜなら、内部が死んでいない限り、私たちはみな、いつかは、こういう状態に立ちいたらざるを得ないからであります。」
 「政治とは、情熱と見識とによって固い板に穴をあけてゆく力強い緩慢な仕事であります」「それが出来る人は、指導者でなければなりません。いや、指導者であるだけでなく、-甚だ真面目な意味で-英雄でなければなりません。そして、指導者でも英雄でもない人たちも、いかなる希望の挫折にも耐えられるような堅い意志で直ちに武装しなければなりません。そうでなければ、今日可能なことも実行することができないでしょう。彼が世界に献げようとしているものに比べて、世界があまりに愚かで卑しい-と彼が思う-場合にも、それに挫けない自信のある人、何事に対しても『それにもかかわらず』と言える自信のある人、そういう人だけが、政治への『天職』を持っているのであります。」(清水幾太郎・清水禮子訳、河出書房新社)
 そう言えるウェーバーは、偉大な思想家なのでしょう。いつも、私のそばで励ましてくれます。
[PR]
# by arai_family | 2011-09-17 21:56 | 日々是好日

赤いピマン

 今日も一言も二言も言いたい素材はあるけれども、もう少し煮詰まるまでとっておきましょう。思案中(-_-) それよりも、庭で鉢で育ててるピマン。秋になって、人工授精を行わなくてもたくさん実をつけるようになりました。人工授精? 指先でチョンチョンとつつくだけですよ。そういうのは得意(>_<)だから、暑い盛りにせっせとやったけれども、今はそういう人工授精なくしても不思議と実を付けています。
 いつの間にか花びらが枯れて小さな実の先に枯れてついたまま。実が少しずつ膨らんで、枯れた花びらが先っぽから剥がれ落ちる。成熟した実はそのまま放っておくと茶色に変色して、いずれ真っ赤になる。その真っ赤になったものは、かみさんによれば辛いはずだから、その前にとるべきだろうと思っていたけれども、とりそこなったその真っ赤なピマンは小ぶりながら甘くて美味しかった。
 ピマンがさも苦みがなく、熟したトマトのように甘ければ、本来ピマンキライな人はいないんでしょう。小ぶりで真っ赤なピマン。トマトが育たなかったのはまったくもって残念でしたが、このピマンの味は忘れられないんでしょう。美味しい(^^)/
 今日はたっぷりと追肥を施してみました。また真っ赤になったら写真を掲載しましょう。甘いピマンです(^_^)v
[PR]
# by arai_family | 2011-09-13 20:21 | 暮らし

生命の感覚

 今朝は、いつものお散歩のあとで、シシャモと納豆とお味噌汁でご飯をいただきました。卵をたっぷりと含んでお焦げのついたシシャモと、大粒の納豆と、かみさんが「おいしいでしょ!」という味噌の味が、「いただきます」「ごちそうさま」という言葉が自然と出てくるありがたいご馳走です。それでも、娘が「誕生日には回らないお寿司が食べたい(^^)/」といえば、それもご馳走には違いし、滅多に食べられないから「ごちそう」なのでしょう。でも、滅多に食べられないごちそうよりも、平素のごちそうこそを大切にしたいと思うのは私だけでしょうか?
 今日は9月11日。11年前の東海集中豪雨では、高いところにある商店の駐車場にクルマを置いて、膝まで水に浸かりながら自宅の玄関を開けたものでした。その1年後に同時多発テロの生中継を見せられて、さらに今から半年前には東日本大震災の苦しみを味わったわけです。
 今日暮らしているのがあたりまえで、とりわけ「ありがたい」などと思わないのは幸せの証拠でしょう。シシャモと納豆と味噌汁の世界に生きている私は幸せなのでしょう。それにひきかえ、愛する人、特に自分の子どもを失った人びとの心情に近づこうとすると、たとえそういう努力が束の間のこととはいえ、とてつもない淋しさと苦しみを味わうことになります。
 今日、生かされていることにとりわけの感慨があるわけではありませんが、失った人には心からの同情を覚えます。どうぞ、明日のあなたが健やかであられますように。そう思った時に、無力な自分に加えて「神のご加護を」とか、あるいは「阿弥陀如来の救いを」となにがしかの他者の力を添えたいと思うのは、自然の気持ちです。どうぞ安らかに。
[PR]
# by arai_family | 2011-09-11 20:35 | 日々是好日

敗戦の日に寄せて

 昨日の朝、普段は読むことがない読売新聞を実家で読みました。1面の隅っこでは語りきれない、中曽根康弘元首相の現総理に対する不満で埋め尽くされていました。菅直人首相が市民主義の申し子で、結局のところ国家の利益を考えられない、矮小化されたところへ国民を追い込んだ。ひとことで言うとそれが中曽根さんの論調です。なるほど、そういう見方もあるんだな~。間違ってはいないのでしょう。
 他方で、昨日の中日新聞を読むと(今朝は休刊です)、原子力行政が原発立地の自治体に対して、交付金を支払って、それを推進してきた。1世帯当たりの金額は1千万円を超えます。それを、「麻薬のようだ」と言っていましたし、「それは日本独特のものだ」とも言っていた。「麻薬のようだ」はホントでしょうが、「日本独特のものだ」というのはウソで、夕方見たテレビ番組では、フランスでの高レベル放射能の廃棄に、過疎化した村に交付金を支払って、それを受け容れさせようとしていることが報道されていました。

 今日ほど、私たちが真実を求めている時代はありません。京都の送り火や迎え火に陸前高田で放射能汚染された木々が使われることの是非は、極めて些末な議論だと、私は思います。木々は汚染されているという事実と、それでも被災者に寄り添おうとするかという京都市民の心のありかを天秤にかけることは、正義と不正義とを計るテーマの本筋などではありません。それを大々的に取り扱うこと自体がナンセンスで、ことの本質を見誤ります。そうしたインテリ野次馬的な相変わらない日本のメディアの姿勢に不満が募る一方です。きっぱりと言って、ばかげている!

 私は、国家主義か、それとも市民主義かという、中曽根さんが繰り広げたテーマが、今日もっとも大事な政治的なテーマだろうと思います。
 戦争は市民に犠牲を強いながら、国家の大義名分を推し進めます。太平洋戦争が、侵略戦争であったかなかったか、というのも実はことの本質には迫れていない。市民の犠牲あっても国家の大義名分が守られるべきかどうか。それこそが本質です。福島の原発が、交付金という麻薬漬けにしながら、市民感覚をむしばみ、国家への帰依を強いた。そういう風に捉えるべきでしょう。現代における戦争です。

 菅直人首相の評判は落ちる一方ですが、彼が掲げた市民主義がいったいなんだったのか、中曽根さんが掲げる国家主義とはいったいなんなのか。そうしたことを問われているのです。
 私は菅さんを一方的に賞賛はできませんが、かといって、戦中の、あるいは今日の国家主義をまともに受け容れることは到底できません。「保守と革新」という言葉はもはや死後なのかもしれませんが、「人間の尊厳」ということを政治の原点に据えて、しっかりと取り組ませるのが私たち市民の仕事だろうと思うのです。

 国家主義を前面に押し出して、他国を蹂躙しようとする国がありますが(事故を起こした新幹線を埋めてしまいました)、私たちはもう一度、「いのちの尊厳」というところを出発点にしながら、日本という国を考え直す。そうしたところに立つべきだろう。それこそが、ご先祖に対する供養であるような気がしてなりませんし、それこそを未来を考える基礎にしなければいけません。一人のいのちを大切にする。それこそが、政治の基礎であるべきです。
[PR]
# by arai_family | 2011-08-15 20:29 | 政治・経済について

多事争論

 私は筑紫哲也のファンではないけれども、丸山眞男のファンではある。(もっとも、丸山の弟子であった中野雄によれば、ふたりはお友達だったらしい) 福沢諭吉という人を知らなかったけれども、丸山の諭吉論を読んで、その少しがわかった積もりになって、実は丸山が諭吉に自らの思想の基礎をおいているのではないかと思った。 丸山の諭吉論をたかだか数千字で語ろうとするのはムリがあるし、分かったつもりでも誤謬もあるだろう。それが読み手に混乱を与えるだけだったらやめておいた方がいいだろうと思う。
 だからして、一文だけ揚げると、諭吉の言に、「単一の説を守れば、其説の性質は仮令(たと)ひ純情善良なるも、之に由て決して自由の気を生ず可らず。自由の気風は唯多事争論の間に在て存するものと知る可し」とある。ここに筑紫が好んで使った「多事争論」という表現が出てきて、その裏には、実は諭吉が多元主義(「いろいろな価値規準や考えが併存して当たり前だ」という考え方です。英語だとPluralism。もっと言うと、ドイツや北欧諸国の比例代表制(=多党制)という選挙制度は、この多元主義を前提にしているといっていい!)こそ自由の源と信じた思想的バックグラウンドがあるだろうと思った。

 その前に、丸山が自身の言葉でこんな風に述べている。多少長くなるけれども、自身のために特筆しておく。「こうした場合に対し、他の極として人間相互の関係が一刻も固定していずに不断に流動する社会を考えて見よう。そこでは人間をとりまく環境が不断に変化するから、精神は現在の状況に安住している事が出来ない。それはいつでも環境から投げ出される状態に置かれているから不断に目覚めていなければならぬ。昨日の状況に妥当した価値規準にもはや今日は安んじて依りかかって居られないから、いきおい、問題を抽象的固定的な規準で一刀両断せずに、不断に現在の状況を精査し、ヨリ善きもの、ヨリ真なるものを絶えず識別し判断しなければならぬ。そこに伝統や習慣に代って知性の占める役割が大きくなる。」

 大震災後の時勢は、まさに知性の必要性の再確認が求められる時代と言っていいのではないか。ひとつの考えをたてまつることは難しくない。求められるのは、時々刻々と変化していく時勢の先を読んで、ひとりひとりが知性を発揮することに他ならないのではないか。
 子供手当ての成り行きに収斂する政治家の議論の些末さに驚きを禁じ得ないけれども、原発の是非を始めとして、実はもっと重大なテーマがいくつもあるし、そうしたテーマのひとつひとつに丁寧に向き合う姿勢こそが求められる。ひとりひとりの知性が、日本の将来を形作っていくのです。勧善懲悪といった価値規準が通用しない。水戸黄門は、明日の日本を作らないのです。
[PR]
# by arai_family | 2011-08-04 20:05 | 政治・経済について

学問としての政治

 ランチを食べながら、60歳を超えてこき使われている(>_<)先輩に水を向けてみた。「(毎月とっている月刊誌)「正論」(産経新聞)は、さぞかし丸山眞男を叩いたんでしょ?」「そうだね~」「吉田茂は南原繁(全面講和を説いた丸山の指導教授、東大総長で専門は西洋政治哲学)を批難したでしょ?」「そう、『曲学阿世』とか言ったね」。先輩は、頭のてっぺんから足のつま先まで、保守主義です。
 「ベトナムと中国の争いを見ると、日本と東南アジアの国々が結託して中国包囲網ってのを作らなきゃいけないね~。中共を転覆するような仕掛けが必要だ」っていうと、「アライにしては珍しく、保守的なことを言うね」とビックリされたけれども、共産党が支配する中国は大キライです(^^)/ なんとなく、学生時代のお粗末なゼミの議論を思い出してみた。
 丸山は、池田首相が唱えた所得倍増論が実った暁には、豊かになり教育された労働者階級が、この国の民主政治の屋台骨になって、保革2大政党制が実現すると信じたそうだけれども、結局のところはそうはならなかった。民主党が政権を獲ったいま、まさに国民の声が政治に直結するんだろうと、みんなが期待しているけれども、なかなかそうはならない。恩師 岡野加穂留は、小泉が進める構造改革をアメリカに日本を売り渡すものだといって、郵便局の民営化反対の先頭に立って、肺ガンを押してまでデモの先頭に立ったけれども、逝ってしまった。

 学問としての政治というのは、どこにそのベースを見出すべきでしょうか? 政権におもねることなく、時代にもおもねることなく、かといって、信条を伏せるべくもなく、果敢に透徹として、民主政治がいかにあるべきか、ということを突き詰めるしかありません。昨年、サンデル教授(ハーバード大)が、『正義』という言葉をモチーフにしてメディアに登場した時に、「なるほど」と思った。サンデル教授の素材の扱い方に多少乱暴さを感じながらも共感するのは、考え続けるということ、思考停止しないということです。
 「理想と現実とをどうやって埋めていくか」という難しいことを考えず、かといって天気予報のように予測もせず、白い巨塔に埋没せず、ジッと現実を見ながら考え続ける。「答えを見出した(^^)/」っていう人たちがいうことを鵜呑みにせず、毎日毎日繰り返して考える。そういう努力の積み重ねが必要な気がします。それは、政治学者の勤めではなくて、政治家の勤めでもなくて、私たちひとりひとりの勤め。それこそが民主政治(Democracy)の礎、そういう気がする昨今です。
 いずれにしても、今年は丸山眞男です。徹底的にしゃぶってみましょう(^^)/
[PR]
# by arai_family | 2011-06-27 20:20 | 政治・経済について

詩を食べる

歳月が恋する者の腕の中で
きらめきながら よどむ淵をめぐり
陽射はゆっくりとまわり続け
大きな鐘の形をつくって
ぼくたちをつつんだ

昨日のように風が吹き
明日のように樹々がざわめく
しかし流れ去っていくのは
風でもなく時でもない

ばくはきみのまなざしの中に
過ぎゆく日々の光を読み
きみのしぐさの中に
訪れようとする夜々の軌跡を読む
くちづけの味を忘れぬ舌の上で
昨夜のサラダやサラミが
食べようとする笹身やわさびと出会い
今宵 重ねたスコッチの香りが
酔いざめの水の甘さとまじり合う

ぼくたちは
少しづつ過去に生き
少しづつ未来に生き

 (小さなスクリーンの中から
  ボギーは昨日も明日も見過ぎた表情で
  ぼくたちを見つめかえす
  サム・スペードよ
  いつまでも鷹を探しつづけろ
  進路は北々西 いつも上天気)

鐘が大きく鳴り響く日まで ぼくたちは
記憶と予感の間に張りわたされた
恐怖の弦をかすかにたわませて生きるだろう

見たまえ いま ぼくたちが
飲みほした盃の底に
星のまたたく奈落がひらけ
ぼくたちが交す言葉は
おびただしい花弁となって
吸いこまれていく


「時の鐘」 渡辺武信作
[PR]
# by arai_family | 2011-06-25 19:52 | 日々是好日

試行と本番

 先日、原子力発電所の放射能除去装置が、弁の不具合で上手く稼働しなかった。弁の「開く」と「閉じる」の表記が間違っていたからというのが原因だ。こりゃ、そういう間違いをした東京電力は「けしからん!」と言っていた。どうも、メディアというのはそうやってセンセーショナルに煽るきらいがあって、情緒的で、それこそ「けしからんな~」と思った。私はマスメディアというのを信用していない(-_-)
 だいたい、「想定外」ということがそもそも「けしからん」のであって、「想定外」な事態に機敏に対応できるはずがない。「想定外」だから準備のしようもない。そういう事態に、「お試し」なしでいきなり「本番」で、丸腰で立ち向かっている。立ち向かわざるをえない。それが実情。お試しがないということは、それこそ想定外のことが起こりうる。そういうことに果敢にチャレンジしている東京電力を頭から否定することはまったくナンセンスだと思う。

 ふつう何かを作るときには、試行を経て本番にいたる。図面での試行しかできない建築は、入念にチェックを繰り返して、評価がされる。数年前に有名になった姉歯さん。構造計算はその一部に過ぎなくて、背反事項がないか、エラーがないか何ヵ月もかけて図面の上で確認するでしょ?!
 東京電力の試みは、待ってられない緊急事態への対応だから、構想・図面を作ったら、即本番でしょ。エラーがあるのはやむを得ない。単純なミスだって充分ありうる。そういうことを理解できずに、「これはけしからん!」といって叩くのはナンセンスだと思いますよ。未だ誰もやったことのないことをやってるんだからなおさらです。「想定外」だったんだから仕方がない。
 そういう東京電力の立場や、喫緊の状況をなんら考慮せずに叩く。これこそ不正義というものです。問題の本質は「想定外」ということ。そこにこそ問題の本質があるのです。「想定外」の犯人は誰なのか。そこに迫る気概がない人びとが、この国の世論形成に一役買っている(T_T) むしろ逃げている(-_-)

 メディアは薄っぺらい事実にスポットライトを当てて、センセーショナルな記事を書く。本質に迫らない。それが日本のメディアの幼稚なところです。
[PR]
# by arai_family | 2011-06-25 16:52 | 社会・教育について

シャコンヌ

 フルトヴェングラーの良さは結局良く分からないけれども、カラヤンが好きではないことで一致(^^)/ 丸山眞男さんについてのエッセイ2冊目「丸山眞男 人生の対話」(中野雄、文春新書)を発注した。それと、シャコンヌ。ヒラリー・ハーンの無伴奏ヴァイオリン、デビュー盤。
 いまは、カラヤン指揮/ベルリン・フィルのベートーヴェンの第9交響曲を聴いてます。好きでないと言いながら、なんで聴くか? それは、グラモフォンの111枚の中に入っていたからですよ! 選んでは買わない(>_<)
 いまのベルリン・フィルの指揮者は、サイモン・ラトル。この人は、そう好きでなくはないけれども、この人の指揮したブラームスの交響曲全集は駄作だった。アマゾンの評価もあてにはならない。信用できるのは、自分の耳。だけれども、買わないと聴けない。聴いてから返品できない(T_T)

 ヒラリー・ハーンのヴァイオリンは好きですよ。活き活きとバッハが語る、ヴァイオリン協奏曲。なんでシャコンヌが欲しくなったかというと、「音楽の対話」の最後で、丸山眞男があるヴァイオリニストにこう言ったんだとか。
 「とても良い演奏会でしたよ。あなた上手だし、並外れた個性をおもちです。だから、演奏はとても面白い。お客さんはあなたを聴きに来るんだし、あなたのヴァイオリン演奏に拍手を送ってますね。ぼくはあなたにいつの日か『ああ、今夜はいいベートーヴェンを聴いたな!』という感慨が沸き上がってくるような、そんな音楽家になって欲しいんですよ」(途中略)とおっしゃったそうな。それに対して、ヴァイオリニストは「あんな恐ろしいことを言われたのは初めてです」と俯きながら語ったそうです。「彼女、頭を抱えていましたよ」(中野)「ぼくは、あの人なら出来ると思ったから言ったんです」って。
 丸山眞男の一言は厳しいけれども、ぬくもりがあるな~。それを厳しさとしか理解できないと、大成できない。その後の彼女はどうでしょう?

 その丸山眞男が1996年の敗戦記念日に亡くなって、偲ぶ会で演奏されたのが、その彼女の演奏したシャコンヌだったとか。丸山は、このシャコンヌに「執拗低音」(聞いたことのない音楽用語です。専門家も使わないらしい)という言葉を当てはめて、それを自らの日本政治思想史の研究のベースとも重ね合わせた。執拗低音とは何でしょう。丸山政治学とは何でしょう?
 まずは、どうでしょう? ヒラリーは期待を裏切らずにシャコンヌにバッハの笑顔を描き出してくれるでしょうか? 一流の演奏家がいつも最高の演奏を聴かせてくれるわけではありません。無伴奏曲でしょ! ピアノよりも弦楽器の独奏はたいへんだろうと思います。彼女は裸です(>_<)
[PR]
# by arai_family | 2011-06-18 18:04 | クラリネット&オーディオ

民主政治とは何なのか?

 と、改めて考えてみようと思った。考え直してみようかと思った。先生がデモクラシーが「民主主義」ではなくて、「民主政治」なのだ、とおっしゃったことの本質が何なのか? なのです。
 いまや、さかんに大連立が連呼され、菅退陣が叫ばれているけれども、それが政党政治のあるべき姿か? 尾崎行雄だったらなんと言ったでしょう? 岡野加穂留先生だったら、どうおっしゃったんだろう。
 津波の如くに政界を襲った、大義名分なき内閣不信任案に、冷静に向き合うべき時です。私の場合、「他よりもまともそうだから」といって菅内閣に信任を与えるのではなくて、「他よりもまともに働いて欲しい。民主政治の王道を示して欲しい」と念願して、積極的に支持をいたしたくござそうろう。
 失われた、流された大義をいまいちど、国民に。私たちの、私たちのための政権です。私たちの願いを叶えて欲しい。共感、信頼。
[PR]
# by arai_family | 2011-06-13 21:28 | 政治・経済について